チャトゥチャックマーケット浅草が開催

ワイワイタイランド社はタイのイベントを創造しています。

ワイワイタイランド社が関わっているイベントはこのようなタイプがあります。
①タイフェス代々木(大きな公園タイプ)、②富士急タイランド(遊園地タイプ)、③リトルタイランド(海の家タイプ/ライブハウスタイプ)、④イオンタイフェア(商業施設タイプ)、⑤タイ王国ファンクラブ(レストランタイプ)、⑥タイフェア芝浦(ホテルタイプ)などです。そして今回は⑦チャトチャックマーケット浅草(商店通りタイプ)です。それぞれを日本全国の場所でやって、タイの文化を日本人の皆さんに伝えていくのがワイワイタイランド社の使命です。今回の⑦ チャトチャックマーケット浅草(商店通りタイプ)は日本全国のシャッター通りになりかけている商店街の皆様にも活用してもらえます。シャッター通りを蘇らせることが出来るのです。そのための形を作っていきたいと考えています。見所はいろいろあります。リングが無くても楽しませられるムエタイショー。それから、6月12日(日)にタイマッサージを披露したMisaki先生。この先生の癒しについての考えが面白い。実際に手で触れてマッサージをしなくても、見せることで癒しを与えられるという考えです。僕はすごい考えだと気づいたんです。そのMisaki先生の実技が目の前1、2メートルで見られるんです。
6月11日(土)の椋橋 彩香先生の地獄寺トークも凄い内容でした。タイの今後大ヒットするであろう地獄寺の魅力が1時間でとてもよく理解できます。この地獄寺は、今後日本にあるタイ寺院に設営されることになれば、日本にあるタイの寺院、タイそのものがさらに注目を集めるでしょう。タイのお寺に参拝する人が増えます。2000年代初頭に神奈川県の由比ヶ浜で初めて開催した③リトルタイランドは2カ月間の最初の50日間は天候の問題、常識外れ(海の家で朝まで飲食のできる海の家があるわけがない)で人々が理解できない等の理由でほとんどお客様が来ない状況でした。出店した皆様は売り上げが無く大怒り。それでもだんだんと楽しみ方が伝わり、20年経った今では海の家のモデルタイプとして伝説になりました。いろんなタイプの人間、いろんな楽しみ方があるので、タイを人々に伝えるにはいろいろなタイプの伝え方があるほうが良いと考えています。あと62年ほどタイのイベント、タイの本の制作、タイの情報の配信をやっていきたいと考えています。時代に合わせていろいろなタイプのイベントを皆様の協力で作っていきたいと思います。
タイ王国を盛り上げるために一緒にイベントを創造していきましょう。

 

関連記事一覧

PAGE TOP